2014年07月26日

はじめに - 教会建築物語

これは神戸教区の機関誌「神のおとずれ」に1988年8月から1990年2月まで連載したものを、ほとんどそのまままとめたものです。
これから週1章ペースでここに再掲していきたいと思います。
それでは、

ドキュメント
徳島聖テモテ教会建築物語
 〜ある小さな教会のヤケクソ建築奮闘記

お楽しみください。
-------------------------------

はじめに

IMG_2715.jpg

 この物語は作リ話ではありません。しかも筋書きはまったく決まっていないのです。じつは四国は徳島市の中心から少し離れた佐古という町に徳島聖テモテ教会という小さな、しかもひなびた教会があるのです。南には美しい眉山をひかえ、前は小学校、周辺は住宅街といった閑静な環境に恵まれた教会なのです。
ところがこの前を初めて通る人は誰一人 ここが教会と気づく人はいないのです。なぜって?実はここには教会堂がないのです。戦災や火災で焼けたわけでもないのですが、あるのは敷地のかなり奥まったところにマッチ箱を横に立てたような古びた何の変哲もない二階建ての木造の建物があるだけなのです。そう、これがー応教会としての建物なのです。
表玄関の左に白ぺンキ地に黒字で「徳島聖テモテ教会」と書かれた古びた看板と、道路沿いに建てられた小さな教会案内板が辛うじてこの建物が教会であることを証明しているのです。薄暗い玄関を入って左の階段を上ると八畳二間の畳敷きに木造りの長椅子が二列に並べられ、その奥のカーテンで仕切られた六畳足らずの間が祭壇として使用され、そしてこれが実はこの教会の礼拝堂なのです。今どき畳敷きの礼拝堂などこの神戸教区でも珍しいのではないでしょうか。でもこの建物が、 今から60余年前の昭和3年に建てられたときは牧師館として建てられ、この二階の礼拝堂は近い将来、前の空き地に教会堂が建てられるまでの仮の礼拝堂だったのです。そしてその後60年間、結局教会堂が建たぬまま今日に至ったのです。
 この、子供も含めて信徒僅か30余名という小さな教会に、教会堂を建てようという話がもちあがりました。といっても、教会堂建築の話は今度が初めてではないのです。 実に30数年以上も前から浮かんでは消え、消えては浮かぶといったことが何度繰り返されたことでしょう。 顔を合わせれば「礼拝堂が欲しいなあ」、信徒総会ではいつも「ぜひ教会堂を建てよう」と誓い合うのですが「いかにせん貧乏教会、少数信徒の悲しさに加え、 石油ショックによるインフレなどが容赦なくふりかかり、最近ではもう信徒の多くは狼少年の話のごとく、耳はかしても半ば諦めかけていたのです。
 しかし、今度はどうやら本気なのです。大金が天からでも降ってきたのでしょうか。いいえ、相変わらずの貧乏会計で、会計委員さんはいつも四苦八苦しています。30年以上も前から始めた建築会計も去年一年間に上乗せできたのは、利息を除くと僅かに40万円でした。こんな調子では、何年待っても教会堂など建つはずはありません。でも、今度はみんな真剣なのです。なにか切羽詰まったような、もうこの時期を逸したら永遠に教会は建たないのではないかといった、そんな空気があるのです。
 実は2、3年前にかなり具体的な話にまで進んだときがあるのです。その中心になってみんなを引っ張ってくれたのが、武市捷委員でした。彼は、この教会が建った2年後の昭和5年に受洗したという当教会で最も古い信徒で、この教会をささえてきた中心人物であリ「この教会の生き字引」といった存在でした。その彼を中心にしてかなりはっきりした青写真が出来かかったー昨年の夏、当教会の芳我秀一司祭がー年間、英国へ留学することになり、八月に出発したのです。なにか出鼻を挫かれたような感じでしたが、とにかくー年間皆の力で留守を守ろうと頑張っていた昨年2月、突然その中心人物だった武市委員が脳出血で倒れたのです。万年青年といわれ、健康そのものだった同委員の病気は家族は勿論のこと、教会にとっても大きなショックでした。
 昨年9月、芳我司祭が無事帰国。しかし信徒の口から、教会建築の話はほとんど聞かれなくなりました。もう教会を建てるのは無理かもしれない・・・そんな空気が漂い始めました。今年1月の信徒総会も、例年より静かで、何となく元気がありません。毎年司会する武市委員がいません。毎年話題に上る教会建築の話も出ません。みんな押し黙ったまま総会が終わりかけた頃、一人の信徒が立ち上がりました。「教会堂はどうなったんですか。いま建てないと、もう永遠に建たないかもしれない。皆で頑張って建てようではありませんか」。一瞬、場内が静まり、そして暫くして、あちこちから賛同の声があがり始めました 。「駄目だったら仕方ない。しかし、皆で精一杯頑張ってみよう」。
 かくして今年の1月末、早速建築準備委員会が結成され、何度目かの教会堂建築計画のスタートを切ったのです。毎月1回会合を開いて、おぼろげながら前が見えてきたため7月17日、臨時の信徒総会を開いて最終的な信徒全員の同意を得ました。
 しかしこれから先、資金や設計など色々な間題が山積しています。 ここでこの小さな教会が、どのようにして教会堂を建てるのか、いや、ひょっとして 途中で挫折するかもしれませんが、同時進行のかたちで皆様にお伝えしていきたいと思います。この田舎の小さなイべントが、われわれ信徒に、あるいは教会に、そして教区に、なにかそのあり方を問うものがあることを期待しながら・・・・・。

( 神のおとずれ・1988年8月号 )

コメントはこちらから(0件)

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]

※下の画像の中の数字5桁を半角で入力してください。


※ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます。