2014年06月15日

聖歌を学ぶ会 6月15日

本日のランチはスパゲッティ・ポモドーロと夏野菜のディルピクルス

IMG_2472.jpg

今朝はサッカーW杯の日本初戦キックオフと共に教会も動き出しました。
日本の先制点を見て礼拝に。
そして礼拝後、パスタを茹でている数分の間に2失点。
「礼拝の間、点取られんと守っとったのに〜」
「み言葉の礼拝で短かったからか。ずっと礼拝しとったら点取られんかったな!(笑)」
テレビで残りの試合を観戦しながらの昼食でした。


今日の聖歌は150〜160番。

157番の詩の中に
「三時間のたたかい 七つの言葉に 愛をあらわして 主は死にたまえり」
とあり、
「七つの言葉とは???」が話題になりました。
イエス様の十字架上での言葉と言えば、
「エリ エリ レマ サバクタニ」
が思い浮かびますが、これじゃ4つの言葉。
残りの3つはどこに?
誰も分からなかったのでググってみると、答えがありました。
7つというのは単語の数ではなく、セリフ(?)の数だったんですね。
(「聖書 七つの言葉」で検索すると出てきます)
7つのセリフを聞いてもピンと来ず「え〜っと、それどこで言ったんだっけ?」って感じでしたが。
勉強不足ですね、すみません。至らない信徒で(滝汗
しかしこの歌を歌いながら「7つの言葉」が全て思い浮かぶ人がどれだけいるのかな?

IMG_2476.jpg

途中、みなさん歌う時の発声の話で盛り上がっていました。
礼拝で歌う時はなかなか声が出せない、よく聞く話です。
自分は歌が下手だ、と思って遠慮してしまうという人は多いのではないでしょうか。
特に私たちの教会のように人数が少ないと自分の声がはっきり周りに聞こえてしまいますから。
この話になると私はいつも思い出すことがあります。
これまでこの会でも何度か話しましたが、私がロンドンのとある教会の日曜晩梼に出た時の話です。

町の教会で、礼拝に出ていたのは20人ぐらいだったでしょうか。
私の2列ほど後ろに座っていたおばさんが、
びっくりするぐらいの超絶ド音痴でした・・・(失礼
しかし、誰よりも大きな声で聖歌を歌っていました。

たとえば、小さな子どもの多くは正しい音程で正しい発声では歌えません。
でも幼稚園の参観日に子どもたちの合唱を聞く親は、音程が外れていることを気にするでしょうか?
子どもたちが元気いっぱいに歌う姿を見て、ほほえましく目を細めるのではないでしょうか。
私は神様も同じだと思うのです。
なによりも、私たちの生き生きと賛美する姿をこそ喜ばれるのではないでしょうか。

音楽的に上手に歌うことは聖歌隊に任せましょう。
私たちはただ賛美すればいい。そう思うと少し歌いやすくなりませんか。
さらに、どうしても声を出せない人は歌えないことを気にして下を向かず、声に出来なくても心の中で心からの賛美を捧げることができれば良いと思います。
歌うことは歌える人に任せましょう。


長かった聖週の歌が終わり、159番からは復活節の歌に入りました。
大斎節の歌からがらっと雰囲気が変わりますね。
ハレルヤ!


<<本日のレシピ>>
ディルピクルス
IMG_2450.jpg

材料:野菜(きゅうり、パプリカ、セロリ、にんじん) 好きなだけ
   ディル 1枝(あれば)
   漬け液(たっぷりの分量なので適当に加減して下さい)
      ・水 600cc
      ・酢 300cc
      ・砂糖 120g
      ・塩 大さじ1
      ・ピクルス用スパイスミックス 適量
      ・ローリエ 3〜4枚(お好みで)
      ・ホールブラックペッパー 大さじ1(お好みで)

1.野菜は適当に切る
2.漬け液の材料を全て鍋に入れ沸騰させる
3.野菜とディルを容器に詰め、熱々の漬け液を注ぐ(冷ましたらダメ!)
4.一晩寝る
5.いただきます


(ノエル)

コメントはこちらから(0件)

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]

※下の画像の中の数字5桁を半角で入力してください。


※ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます。