2014年05月04日

聖歌を学ぶ会(5/4)

第1日曜日は聖歌の日。

本日の聖歌ランチは『春キャベツとアンチョビのペペロンチーノ』

IMG_2281.jpg

ゴールデンウイークだから?
今日はちょっと人数多めでにぎやかでした(^o^)

IMG_2282.jpg

新聖歌集の通読ならぬ通唱、2巡目に入っています。

今日は136番〜140番、大斎節(聖週)のあたり。
「コレ私のお葬式で!」の声もありました。
みんな自分のお葬式用の曲選びも熱心です(笑)。
十字架へと向かうイエスの苦しみを思い起こさせる壮重な響きの中にも、どこか希望と平安を感じさせるメロディーは、確かに葬送式にふさわしいかもしれません。

IMG_2283.jpg


【本日のレシピ】
春キャベツとアンチョビのペペロンチーノ
(材料の分量はすべて適当)

・フライパンにオリーブオイルをたっぷり
・キッチンペーパーでオイルを取ったアンチョビ、にんにくのスライス、種を取った鷹の爪を入れ、弱火にかける
・しっかり火を入れてアンチョビの臭みを飛ばすのがポイント
・鷹の爪は味を見て途中で取り出す

・同時進行で鍋に湯を沸かし、スパゲッティーを茹でる
・茹であがり3分前にざく切りにした春キャベツを投入

・茹であがり直前、茹で汁(一人前お玉半分ぐらい?)をフライパンのオイルソースにそっと入れてオイルを乳化させる
・パスタとキャベツを軽く湯切りし、オイルソースと合わせる

・いただきます


(ノエル)

コメントはこちらから(0件)

2014年05月18日

聖歌を学ぶ会(5/18)

本日のランチはぶっかけうどん。

IMG_2335.jpg

今日の聖歌は11番〜20番でした。
テモテ教会ではみ言葉の礼拝も行っているので「朝の礼拝」の歌もよく歌うのですが、今の聖歌集には古今聖歌集に入っていなかった新しい歌がたくさん収録されているのでまだまだ歌ったことのない歌が出てきます。
どんな朝でも「朝の礼拝」の聖歌を歌うと元気が出ますね。

(ノエル)

コメントはこちらから(0件)

2014年06月01日

聖歌を学ぶ会 6月1日

本日のランチはカレーピラフ。

IMG_2372.jpg

のはずでしたが、炊飯器が壊れたらしく、
炊飯ランプが消えても中身は米のまま〜。
残念!
というわけで中途半端に煮えかけた米を鍋で炊き直したので、ピラフとはほど遠いものができあがりました。

新しい炊飯器になったら美味しいピラフが炊けるかな♪


聖歌研究の横では子どもたちがオセロで盛り上がっていました。
あ、少年の心を持ったおじさんが一人混じってる・・・。

IMG_2373.jpg

今日の聖歌は141番〜150番。大斎節聖週の歌です。
聖週の歌はなかなか歌う機会が回ってこない上にたくさんあるので、知らない歌だらけです。
でも今日の10曲中2曲は同じ曲が別の聖歌にも充てられていて、そっちで歌ったことがありました。
メロディーを知っている歌があると選曲しやすくなるしいいですね。
この会では「同じ曲が使われているもう一曲を探せ!」ゲームをいつもやっていますが、自分で見つけられる人が増えてきました(^^)/


(ノエル)


コメントはこちらから(0件)

2014年06月15日

聖歌を学ぶ会 6月15日

本日のランチはスパゲッティ・ポモドーロと夏野菜のディルピクルス

IMG_2472.jpg

今朝はサッカーW杯の日本初戦キックオフと共に教会も動き出しました。
日本の先制点を見て礼拝に。
そして礼拝後、パスタを茹でている数分の間に2失点。
「礼拝の間、点取られんと守っとったのに〜」
「み言葉の礼拝で短かったからか。ずっと礼拝しとったら点取られんかったな!(笑)」
テレビで残りの試合を観戦しながらの昼食でした。


今日の聖歌は150〜160番。

157番の詩の中に
「三時間のたたかい 七つの言葉に 愛をあらわして 主は死にたまえり」
とあり、
「七つの言葉とは???」が話題になりました。
イエス様の十字架上での言葉と言えば、
「エリ エリ レマ サバクタニ」
が思い浮かびますが、これじゃ4つの言葉。
残りの3つはどこに?
誰も分からなかったのでググってみると、答えがありました。
7つというのは単語の数ではなく、セリフ(?)の数だったんですね。
(「聖書 七つの言葉」で検索すると出てきます)
7つのセリフを聞いてもピンと来ず「え〜っと、それどこで言ったんだっけ?」って感じでしたが。
勉強不足ですね、すみません。至らない信徒で(滝汗
しかしこの歌を歌いながら「7つの言葉」が全て思い浮かぶ人がどれだけいるのかな?

IMG_2476.jpg

途中、みなさん歌う時の発声の話で盛り上がっていました。
礼拝で歌う時はなかなか声が出せない、よく聞く話です。
自分は歌が下手だ、と思って遠慮してしまうという人は多いのではないでしょうか。
特に私たちの教会のように人数が少ないと自分の声がはっきり周りに聞こえてしまいますから。
この話になると私はいつも思い出すことがあります。
これまでこの会でも何度か話しましたが、私がロンドンのとある教会の日曜晩梼に出た時の話です。

町の教会で、礼拝に出ていたのは20人ぐらいだったでしょうか。
私の2列ほど後ろに座っていたおばさんが、
びっくりするぐらいの超絶ド音痴でした・・・(失礼
しかし、誰よりも大きな声で聖歌を歌っていました。

たとえば、小さな子どもの多くは正しい音程で正しい発声では歌えません。
でも幼稚園の参観日に子どもたちの合唱を聞く親は、音程が外れていることを気にするでしょうか?
子どもたちが元気いっぱいに歌う姿を見て、ほほえましく目を細めるのではないでしょうか。
私は神様も同じだと思うのです。
なによりも、私たちの生き生きと賛美する姿をこそ喜ばれるのではないでしょうか。

音楽的に上手に歌うことは聖歌隊に任せましょう。
私たちはただ賛美すればいい。そう思うと少し歌いやすくなりませんか。
さらに、どうしても声を出せない人は歌えないことを気にして下を向かず、声に出来なくても心の中で心からの賛美を捧げることができれば良いと思います。
歌うことは歌える人に任せましょう。


長かった聖週の歌が終わり、159番からは復活節の歌に入りました。
大斎節の歌からがらっと雰囲気が変わりますね。
ハレルヤ!


<<本日のレシピ>>
ディルピクルス
IMG_2450.jpg

材料:野菜(きゅうり、パプリカ、セロリ、にんじん) 好きなだけ
   ディル 1枝(あれば)
   漬け液(たっぷりの分量なので適当に加減して下さい)
      ・水 600cc
      ・酢 300cc
      ・砂糖 120g
      ・塩 大さじ1
      ・ピクルス用スパイスミックス 適量
      ・ローリエ 3〜4枚(お好みで)
      ・ホールブラックペッパー 大さじ1(お好みで)

1.野菜は適当に切る
2.漬け液の材料を全て鍋に入れ沸騰させる
3.野菜とディルを容器に詰め、熱々の漬け液を注ぐ(冷ましたらダメ!)
4.一晩寝る
5.いただきます


(ノエル)

コメントはこちらから(0件)

2014年06月29日

聖歌を学ぶ会 6月29日

本日のランチは酸辣湯麺。
暑い夏にぴったりのさっぱり辛旨ラーメンです。

IMG_2557.jpg


聖歌は161番〜170番。
変拍子の曲が2曲ありました。
楽譜が読める人は変拍子だと分かって歌うので何の違和感もなく歌えますが、拍子を意識しないで歌っている人は「何がかは分からないけど何かがおかしい」というすっきりしない感覚になると思います。
2曲ともこの変拍子が効いててメッチャかっこいい曲なんですけどね〜。

この会では、最初に聖歌集全曲のメモを書けるノートをお渡ししており、それぞれの歌の「曲」「詩」「歌う」について自分の評価をABCの3ランクで書けるようになっています。
今は2周目なので、1周目のこの回休んでなかった人は2回目なのですが、今回「これイイ(・∀・)」と思った歌が1回目に書いた評価は「C・C・C」だったり、その逆だったり、そんなことがあって爆笑してました。同じ歌を聴いても人によってもちろん評価は違いますし、同じ人でも聞いた時によって感じ方が変わるのは面白いですね。
ちなみに、どんな評価を付けるかは重要ではなく、この評価表の真意はまったく他にあります。(何かは教えません)

IMG_2566.jpg

そうそう、神戸教区が発行している「神のおとずれ」の7月号から、3回にわたってこの会についての連載をします。
このブログと合わせて読んでいただくとよりよく分かると思います。
参加者から頂いたレポートも載りますのでお楽しみに。


<<本日のレシピ>>
酸辣湯麺

1.野菜(なんでもお好みで、今回はもやし・タケノコ・青梗菜・しいたけ・キクラゲ)は適当に切って炒めるか、麺と一緒に茹でる
2.丼に 酢:大さじ1、ラー油:だらーっ、白コショウ:5振りぐらい(1人前につき) を入れておく
3.卵1コ(1人前につき)を割りほぐしておく
4.棒ラーメンを袋に表示の分量のお湯で茹ではじめる
5.表示の茹で時間1分30秒前にスープを投入して溶かす
6.1分前に火を強め、溶き卵を投入してかき玉状にする
7.丼に盛りつけ、野菜をのせ、ラー油をかける
8.いただきます


(ノエル)

コメントはこちらから(1件)