2014年06月16日

「遊」に思う


今日(6月16日)の朝日新聞「天声人語」が面白いので引用してみよう。

〈遊ぶものは神である。神のみが、遊ぶことができた〉。漢字学の大家、白川静さんが「遊」という字を論じた文章だ。遊とは、絶対の自由と豊かな創造の世界だという。では、人間は遊べないのか。そんなことはない。白川さんによれば、神の世界にかかわるとき、人も遊ぶことができた。〈神とともにというよりも、神によりてというべきかも知れない〉と書いている。

これは別に筆者が宗教論を説いているわけではない。 今世界中を沸かせているサッカーW杯で地元ブラジル代表の至宝ネイマール選手の自由にあふれ、創造性がはじける変幻自在のテクニックが神業とか神のプレーと言われているのに比べ、日本の選手は規律や秩序が重んじられ、サッカー少年にも「創造力を伸ばすための自由」が十分与えられていないのではと論じているのである。
これはひるがえって今の日本の教会にも言えるのではないか。あれはいけない、これはいけない、ああしなさい、こうしなければという戒律的な聖書の言葉ばかりに囚われすぎて真の遊ぶという心を忘れていないか。聖書の中の「遊ぶ」とはどういう事か? 神学が問われるところである。「神のみが遊べ、人は神によりて遊べる」とは何とも愉快ではないか。
そう言えば、このテモテ教会を設計した事務所の名前が「遊」である。建築委員の一部には不安を口にする人もいたが、私はむしろ期待をした。何事にも遊び心は必要である。期待通りとは言えないが、玄関の高い空間はその一つである。

(ドクターH)

コメントはこちらから(0件)

2014年07月07日

徳島新聞「読者の手紙」


7月3日の徳島新聞「読者の手紙」に私の拙文が載りましたので、ご一読下さい。

 大空襲思い出す自衛権容認


  69年前の7月4日未明、徳島市の富田橋北詰に住んでいた家族7人は空襲警報で防空壕に飛び込んだが、激しい焼夷弾の嵐にてんでに壕を飛び出した。
  6歳の私は父に肩車をされ焼夷弾を避けながら富田小学校裏の田んぼにたどり着いた。そこで父と腰を下ろし、燃え盛る街、落下する焼夷弾の嵐、縦横無尽に旋回する敵機の陰影をぼうぜんと眺めていた。
 熱気と硝煙のほとぼりが冷め自宅に帰ると、家屋はもちろん防空壕は跡形もなく焼失していた。奇跡的に全員無事を喜び合い、焼け残った黒焦げの米をかじりながら半田町へ疎開し、そこで終戦を迎えた。 物心がついて、きょうだいで空襲時の話し合いをしたとき、次姉の話に息をのんだ。富田橋を渡ったとき、一人で逃げていた同級生と遭遇、手を取りあって県庁の方へ逃げたが、途中で急に友の手が重くなったので振り向くと、何と身体に焼夷弾が直撃していた。余りの恐怖に泣き叫びながら県庁の前を走り抜け、親切なおばさんに助けてもらったそうだ。長姉は新町川に飛び込んだが川岸の倉庫が焼け、筏も焼夷弾で燃え出して川が熱湯のようになったため川の中央まで逃げた。
 平和憲法に守られ、こういう経験はわれわれが最後と思っていたが、なぜか安倍晋三首相をはじめ戦争の実態を知らない国会議員らは、憲法を無視した集団的自衛権の行使容認を決定、再び日本が戦場になる現実性が帯びてきた。これが戦争への「蟻の一穴」にならぬよう切に祈るばかりだ。(2014.7.3)

古本真二郎
 
 

 

 

 

コメントはこちらから(1件)

2014年07月16日

「ひよどり日記」YouTube



皆さんはユーチューブをご覧になりますか。私も一度は動画を投稿したいと思っていましたが、今回思いきって挑戦し、何とかアップに成功しました。動画は10年ほど前に制作した「ひよどり日記」と題するビデオで、当時の徳島県文化の森ビデオコンクールで優秀賞を貰った私の最初で最後のビデオ作品です。
当時、診察室の窓際にひよどりが巣を作り、退屈まぎれにひな鳥の成長をビデオに納めていたのですが、ある日驚いて4匹のひなが突然巣から飛び出し、それからのテンヤワンヤを撮ったもので、ぜひ一度ご覧ください。害鳥と嫌われているひよどりですが、親子の愛情にはホロリとさせられます。お孫さんにもぜひ見せてあげて下さい。ヤフーでもグーグルでも検索欄に「ひよどり日記」と入力し検索ボタンをクリックすると多分トップに表示されると思います。

古本真二郎

コメントはこちらから(0件)

2014年07月23日

神戸教区宣教協議会に参加して

7月21日に神戸聖ミカエル大聖堂で第2回神戸教区宣教協議会が開かれ、テモテ教会から私と河村司祭が出席しました。
神戸教区では2011年から、各教会で2016年に向けて宣教のビジョンとそれを実現させるためのアクションプラン(行動計画)を立て、牧師・信徒一丸となっての宣教に取り組んでいます。
今回はその中間報告会と言うことで、各教会から信徒教役者が集まり報告が行われました。

『宣教』『協議会』なんていうと教会信徒でも「教会委員がやるだろう」とか「宣教なんて私には・・・」となってしまうんですね。
ましてや教会に触れたことのない人なら「宗教に勧誘される?!」と後ずさりしてしまうかも。
でも本当は『宣教』ってそんなに大げさなことでも特別なことでもないのかもしれません。
例えば(こんな例えを出すと真面目な信徒の方には怒られるかもしれませんが)私が大好きなボンジョヴィのコンサートに行ってどんなに楽しんだか人に話したくなること。
相手がそれを聞いて「私も行ってみたい!」と思うか「ふ〜ん、ロックなんて何がいいんだか」と思うか、それはわからないけど、ただ本当に大好きなことを人に伝えたい。
イエス・キリストのファンとして、イエス様に出会い教会に繋がれた喜びを人に伝えたい。
そういうクリスチャンなら誰もが持っている思いが宣教のはじまりであるなら、どんな形であれ誰でも宣教に関わることはできるんじゃないでしょうか。

さて、協議会の内容は置いておいて、私が気になったことを一つ。
気になったというか、いつも気になっているのですが、参加者に若者が少ない!
信徒神学塾のスクーリングに行っても、教区会に行っても、とにかく若者が少ない。というより、いない。たいてい私が最年少じゃ?という状況です。若いと言ってもアラフォーですよ。
その点、今回の協議会では私を含め四国勢は若者揃いで嬉しかったのですが。
もちろんどの教会も高齢化していて若者の絶対数が少ないのはわかりますが、だからこそこれからの教会を担っていく数少ない若い世代の人たちは積極的に教会の働きに関わっていく必要があると思います。
青年会や中高生会が盛んな教区ですから、たいていは受聖餐者に若者が全くいないということはないでしょう。
ベテラン信徒の皆さんには、ぜひ学生も含め若い人たちに教会の活動や奉仕に加わるチャンスを作ってあげて欲しいと思います。これは自分の担当だからとかいつもやってるからとか○○会の仕事だからとか、全部自分たちでやってしまわず、どんどん若者を教会の働きに引き込んでください。
若い世代(学生もですよ!)は『ベテランさんがやってくれてるから」ではなく、自分も教会という家族の中の一員として、その働きに興味を持って自分から関わって欲しいと思います。よく見ると教会ではお掃除をしてくれる人、お花を生けてくれる人、食事を用意してくれる人、礼拝の準備をしてくれる人、誰かのために祈ってくれる人、もう書ききれないぐらいあなたの知らないところで教会のために様々な奉仕がされています。神様が自分を通してどう働かれるか、想像してみてください。
私も中間管理職として嫌がられながらも頑張りたいと思います\(^▽^)/
生き生きとした教会でいられるように。

(ノエル)

コメントはこちらから(1件)

2014年08月06日

読者の手紙

7月25日の徳島新聞に徳島大空襲について、当時徳島地裁の検事正が司法大臣に宛てた報告書が開示されました。
治安状況では、左翼、宗教関係者を厳重に監視とあり、特にキリスト教関係は連合国のスパイとして嫌疑が掛けられたとし、市内にあった6教会のうち、聖公会佐古教会と正教会を除く4教会が全焼したと報告されていました。
これらを読んで早速徳島新聞の読者の手紙に投稿、8月5日に掲載されましたので転載させていただきます。

古本真二郎

image (2).jpg

コメントはこちらから(0件)